スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白点カーニバル終演

以前のプロバイダのブログからの続きネタなのですが、我家の90cm水槽で白点が確認されて
から治療を開始し、すでに5週間が経過しました。

白点治療に際して対策内容は以下のとおりです。
・低比重 1.010をキープ
・水流も工夫して水槽内にしっかりとした流れを作り、よどんでいる場所を無くした。
・水換えを1日に1回(10リットル)位は実施しました。たまにさぼりました。
・デスロックをいじったりしてわざと水を濁らしたりもしました。(笑)

でもって、結果をご報告しますと☆になった魚もおらず、白点は低比重にして1週間位から
殆ど目視できるレベルではありませんでした。
魚も比重を落とす前と全く変わらず調子は良いです。むしろ、調子が上がったようにも感じ
ますね。ハタタテダイが一番解り易くて、塩鮭だったのが今はお肌ツルツルって感じで
見た目が明らかに違います。
本当に、このまま低比重にしていても問題無いんじゃないかって思う位です。
ちなみに、この治療はハダムシやリムフォには全く効果ございません。

塩代もかなり節約されましたし。(爆)

とは言っても、さすがにこの状態をキープしてるのも不安なので、少しずつ塩分濃度を上げて
いこうと思います。

現在、1.010なので1週間~2週間かけて少しずつ塩分濃度を上げて行き、最終的には
1.017~1.018位にしようかなって思います。
濃度を下げるのは3日位で一気に下げましたが、上げるのはちょっと時間かけた方が良い
と思うので、こんなものかなと思っています。

後は、この水槽に生体を追加する時にはトリートメントをしっかりしてから生体を入れれば
白点が出る可能性は極めて少ないと言う事になります。

白点フリーな水槽って、すごく精神衛生上良いですね。
何となくですが、水槽を観察する目線が変わりました。白点出てるかなって魚を見るのでは
なくて、餌の食べ方だけ気にしていれば良い訳ですし。

今回、色々な方にアドバイスを頂いて、自分なりに白点と向き合って治療してきましたが
楽しかったですね。本当に良い勉強になりましたし、治療に付き合って耐えてくれた魚にも
感謝してます。

実は、チョウ水槽も白点出ないかなぁ~なんて、不謹慎な事を考えてトリートメントもせずに
生体追加しているのですが、全く出ません。(爆)


これにて白点カーニバルの終焉としま~す。
スポンサーサイト
プロフィール

YAMATO

Author:YAMATO
名古屋の隣の市に住んでます。

海水魚飼育暦は3年ですが、未だに超初心者の海水魚育成ブログです!!
ヤッコの飼育にはまっていますが、最近は色々な魚にも興味があります。

■良く行くショップ
プラックス
ASM(アクアサンマリン)
CEPPO
ドンファン

みなさんお気軽にコメントして下さ~い。相互リンク大歓迎です。

FC2カウンター
最近の記事
お友達アクアリスト
このブログをリンクに追加する
飼育プラグイン

YAMATOが現在飼育している可愛い仲間達で~す

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お天気BOX









カレンダー
09 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
どこから?

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。